グーグルに左右されるSEOアフィリエイトは報酬がゼロになりかねない

メールマーケティング

ネット上で商品を販売したりアフィリエイトするためにはアクセスが必要です。個人のアフィリエイターや店舗、企業のアクセス数を上げるための方法は、SEOやSNSがメインでしょう。

アフィリエイトブログや飲食や小売店舗などのブログを作り、記事を更新をすることでアクセスを集めます。

私自身もアフィリエイトサイトや外国人労働者誘致のサイトなどを運営することで、アフィリエイト報酬や企業からのアプローチを得ています。

読者が過去にグーグルやヤフーで検索しているキーワードを元に記事を作成します。記事の内容が読者にとって有益であればアクセス数は増えますが、役に立たなければアクセス数は増えません。

読者に役立った記事かどうかは、記事数や滞在時間、ページビュー・PVが増えるこによってわかります。読者から評価されると、グーグルからも評価され、狙ったキーワードが上位表示することで更にアクセスがアップします。

多くのアフィリエイターがSEOによるアクセス増に取り組むのは、自分の手や頭を使って記事を書けばお金を払わなくて済むからです。

グーグルアドワーズやヤフーリスティング、各種バナー広告に対してお金を払えば、アクセス数を集めることはできます。しかし、アクセスを集めるのにお金を払うという概念が、アフィリエイターや自営業者にはハードルが高い作業です。

ですから多くは記事を更新してアクセス数をあげようとします。

SEOはグーグルによって支配され振り回される

アクセス数が上がるかどうかは、グーグルの仕様によって大きく変化する場合があります。グーグルは読者に有益で新鮮な情報を提供するために、検索のシステム(検索エンジンのアルゴリズム)をアップデートします。

アイフォンやアンドロイドを使っていると、アプリに数字が表示されます。アプリを更新すると表示がなくなりますが、アプリの更新と同じようにグーグルの検索エンジンもアップデートします。

グーグルアルゴリズム

このグーグルのアップデートはアクセス数を大きく変動させます。例えば「糖質制限 メニュー」というキーワードで検索された結果、1位に自分のアフィリエイトサイトが表示されていたとしましょう。

1位に表示されれば読者がアクセスする機会は増えますから、アフィリエイトやアドセンス報酬が上がります。

グーグルのアップデートが時には順位を上げ、時には順位を下げることがあります。順位が下がってしまったことで、報酬を大きく下げてしまったアフィリエイターや企業は数え切れません。

グーグルのアップデートの影響で売上がガタ落ちしてしまい、倒産してしまった企業も沢山あります。グーグルの仕様変更によって、売上が大きく下がる可能性をあらゆる人が抱えている状態です。

グーグルに依存した状態で企業運営はもちろん、アフィリエイトサイトの運営を続けるのは危険です。

顧客リストを収集してアプローチするという考え方を身につける

グーグルに依存するのはとても危険ですから、何かしらの対策が必要です。それはマーケティングの王道である、顧客リストを収集してリストに対してアプローチをかけることです。

顧客リストというのはメールアドレスやラインのID、Facebookで友だちになったり、住所や電話番号、FAXも含みます。

アフィリエイトに限っていうと、メールアドレスとラインID、Facebookの友達、ツイッターやインスタグラムのフォローワーです。

自分のサイト上で商品やサービスの販売を完結させるのではなく、サイトを訪れてくれた読者の顧客リストを収集し、そのリストに対して情報提供やセールスをすることがマーケティングの王道です。

グーグルの仕様変更によって自分のサイトのアクセスが減ったとしても、顧客リストさえあれば影響を受けません。

アフィリエイトをしている人であれば、必ず誰かしらのメールマガジンを読んでいるでしょう。有名な起業家やアフィリエイター、時には趣味のメルマガを読んでいる場合もあります。

自分のメールをサイト運営者に提供しても、サイト運営者から情報を得たいと思ってもらえれば、顧客リストを収集することが可能です。

私のブログでしたら、記事の上下にメールマガジンが登録できるメルマガ登録フォームを設置しています。

メルマガ登録フォーム

以前はメルマガ登録フォームを設置せずにブログを運営していました。しかしグーグルの度重なるアップデートによって、アフィリエイターはもちろん、多くの企業が影響を受けて収益を下げていることに対して危機感を持ちました。

SEOによるアフィリエイト報酬やアクセスアップはたしかに大切ですが、複数の手段による売上を確保することは心のゆとりになり、読者へ良質な情報を提供できる瞬断です。

顧客リストを得る方法は?獲得した顧客リストに対して何をすればよいのか?

アフィリエイトサイトや企業サイトのアクセスだけを頼って、収益を安定化させるのは難しい現状があります。

今は自分のサイトが影響なくても、いつかの時点でグーグルのアップデートによる影響を受けるでしょう。

ではアクセスしてくれた読者に対して、どのように顧客リスト(メールアドレス)を提供してもらい、顧客リストに対してどのようにアプローチすればよいのでしょうか。

メールマーケティングという手法がマーケティングの中にあります。

メールマーケティングには、メールアドレスを提供して貰う方法やメールによる顧客の教育、メールを使った商品紹介の戦略などを行うことで、アフィリエイト報酬や売上を最大化させます。

このメールマーケティングの手法をウェブセミナーや動画で3月29日(水)の明日から随時紹介します。

クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お勧め情報商材

プライド
プライドを読んでアドセンス月収が15万円を超えました
pandora2・キーワード選定ツール
稼いでるライバルサイトのキーワードを丸裸!
AMCアフィリエイトスクール
初心者から月収30万円達成者続出