お勧め情報商材

プライド
プライドを読んでアドセンス月収が15万円を超えました
pandora2・キーワード選定ツール
稼いでるライバルサイトのキーワードを丸裸!
AMCアフィリエイトスクール
初心者から月収30万円達成者続出

平凡なサラリーマンがアドセンスの審査をパスした6つのポイント

アドセンス審査・期間・記事数

初心者の方がネットビジネスに初めて取り組む場合、アドセンスをお勧めします。自分が作ったサイトのアクセス数を上げることに集中すれば、自動で収益が上がるのがアドセンスです。

色んなサイトの記事の中に下記のような広告を見かけることがあると思います。これがアドセンス広告です。この広告をクリックすると、広告主が販売する商品やサービスのページに飛びます。

ダイエットサイト・アドセンス

アドセンスをクリックすると商品やサービスを販売するサイトに飛びます。

ダイエットサイト・アドセンス

クリック数に応じてアドセンス(アドセンスはグーグルが運営)から報酬が貰えます。クリック数はサイトのアクセス数が増えれば増えるほど増えますので、私たちはサイトのアクセスを増やすことにのみ集中できます。

アドセンスはサイトの内容に応じて広告の内容が自動で変わります。また、あなたが他のサイトで自動車の情報を収集していたとします。その後にダイエットのサイトを閲覧したとすると、アドセンスは自動車の広告とダイエットの広告の両方を表示します。

読者が好むであろう広告を自動で表示してくれるのがアドセンスの強みです。

本来であれば自分で売れそうな商品や広告を探してきて、自分のサイトに掲載します。この作業は初心者の方にはかなりハードルが高い作業です。ですからまずはアドセンス広告をサイトに掲載し、自分はアクセス数のみを増やすことに力を注ぎます。

時間のないサラリーマンが2週間で1記事・2,000文字以上で20ページのブログを作った

私の友人は上場企業に勤めるサラリーマンですが、将来のリストラや自分が思い描く未来の為にブログを立ち上げました。彼は2週間ほどで2,000文字~3,000文字の記事を20記事書き上げた後に、アドセンスの審査に申込みました。

アドセンスの審査には1週間程かかりましたが、見事に一発で合格し、サイトにアドセンスを掲載できました。

アドセンス・審査合格

アドセンスの審査期間は申込者によって異なる

彼が作ったブログサイトは1記事2,000文字以上の20ページですからボリューム感満点です。私がサイトのデザインや画像の挿入、h2、h3のタグ挿入などを行いましたので、見栄えに問題ありません。

アドセンスの審査をすでにaiが行っているなどの記事を見かけますが真実はわかりません。仮にaiがアドセンスの審査を行っていたとしても、記事のボリューム感、内容、量、サイトの見栄えなどは関係してくるでしょう。

アドセンスの審査に1ヶ月以上かかっている人をネット上で見かけます。ざっと内容を読んだ感じでは、明らかに記事のボリューム感が足りません。

そして内容ですが”やっつけ感”がかなりあるように思います。アドセンスの審査を通すためだけにサイトを作っているような風も見受けましたので、「そのブログでは審査は通らないだろう」と心のなかで思いました。

アドセンスの審査は通過点であり目的ではない

サーバーを借りて、ドメインを借りてアフィリエイトサイトなどを作り始めたのと同じように、アドセンスの審査はただの通過点です。この通過点は初めてサイト制作に挑戦した人からすると、そこそこ厳しいハードルかもしれません。

しかし、これぐらいのハードルは軽く超える記事の内容や量がないと、アドセンスの収益は1ヶ月1万円にも満たないでしょう。

アドセンスで収益をしっかりと上げ続けるということは、読者に対して質の高い記事や量を届け続けることになります。質の高い記事や量がどれぐらいかですが、今回の私の友人の結果が参考になります。

平凡なサラリーマンがアドセンスの審査をパスした6つのポイント

  1. 1ページが2,000文字以上で20記事
  2. ページ内に画像を2~3掲載(フリー画像のみを使う)
  3. h2、h3タグを挿入しSEOを意識
  4. 重要な箇所は赤文字や黒太文字で装飾
  5. ヘッダー画像を私が簡単に作って掲載
  6. ワードプレスのテンプレートは賢威を使用

上記の状態でアドセンスを申し込むと1週間後に審査が通過し、無事にアフィリエイトサイトにアドセンス広告が掲載できています。

アドセンスの審査に合格するための記事の質や内容

アドセンスの審査に合格するためのブログとして、日記を書くように勧めている方がいます。もちろん、日記を否定するわけではありませんが、内容が薄い日記だとアドセンスの審査は通りません。

さらに、薄っぺらい日記に対して誰も興味がありません。ですから、仮にアドセンスの審査に合格したとしてもアクセス数が増えることはありません。

せっかくサーバーを借りて、ドメインを購入し、ワードプレスなどでサイトを作っても、薄っぺらい日記では記事にできるネタがすぐに無くなり、アドセンスの収益は上がること無くサイトを放置することになります。

アドセンスの審査期間を短くし、読者の役に立つ記事の書き方

アドセンスの審査に合格するための記事の内容は、日記ではなく、誰かに役に立つレベルの記事が必要です。

誰かに役に立つレベルの記事をどうやって作るかですが、自分が作ろうと思っているサイトの分野の本を一冊購入してください。アマゾンの中古本であれば1冊1円から販売されていますから、財布にも厳しくありません。

アマゾン・中古本

アマゾン・中古本・アフィリエイト

アマゾンで中古本を購入したら本の内容をパクります。

パクると言ってもも著作権侵害をするのではありません。本の内容を参考にして、文章をリライトしながら自分のサイトに書いていきます。

リライト作業ができるようになれば、記事を永久に書くことが出来る

リライトは原文の”てにをは”を変えたり、軽く言い回しを変えるのではありません。原文を一旦自分の中に落とし込み、自分の書き方で文章を書きます。

  • リライトする本やネット上の文章を一旦読んで理解する
  • 読んだ文章を箇条書きにしたり、自分の中で映像化してもOK
  • 自分で箇条書した文章や映像化した内容を自分で書く
  • リライト中は原文をできるだけ見ない

この作業をすることで自分の言い回しや文章で書くことが出来ますので、著作権侵害にはなりません。

原文

トランプ米大統領が最近、日本の自動車産業や為替政策を批判している。米大統領選の選挙中には、日米同盟をめぐる不満も漏らしていた。

10日の日米首脳会談を前に、どこまで正しくてどこに誤解があるのか、トランプ氏による発言の真偽を「ファクトチェック(事実確認)」の手法を使って調べてみた。


リライト

日本の自動車産業や為替について選挙期間中からドナルド・トランプ大統領は猛烈に批判していました。私が一番ビックリしたのは、強固であるはずの日米同盟にまで得意の難癖をつけたことです。

日米首脳階段が10日に開かれますが、トランプ大統領が言っていることについて、どこに誤解があってどこが正しいかをファクトチェック手法によって調査しました。

このリライトが出来るようになると、本やネット上から無限の記事ネタを仕入れることができます。記事ネタは無限にありますから、継続して記事さえ書くことが出来れば数千ページも十分可能です。

数百円で本を購入してリライトをすれば、20ページの記事はすぐに書けます。記事の内容も充実していますから、「アドセンスの審査が通らない」といった悩みは一切なくなります。

クリックよろしくお願いします。

“平凡なサラリーマンがアドセンスの審査をパスした6つのポイント” への6件のフィードバック

  1. アキモト より:

    ブログ拝見しました。
    アキモトといいます。ランキングからきました。
    アドセンス・・・自分も絶対取りたくなりました。
    申し込み方も、わかりとても勉強になりました。
    応援クリックさせていただきます。
    また、よらせていただきます。

    • kotani より:

      アキモトさん

      お役に立てて何よりです。アドセンスの審査をパスするのに手間取ってしまうと、ネットビジネスから遠ざかってしまいます。

      初めて記事を書くのは大変だと思いますが、何とか振り絞ってがんばってください。

      応援しています。

      コメントありがとうございました。

  2. 夢実 より:

    こんばんわ、ブログランキングから来ました。

    アドセンス私も貼り付けてはいるのですが
    なかなかクリックしてもらうまでは
    難しいですね。

    やはり物販の方がアドセンスにはあっているのかなぁと
    私は情報販売なので視点が違うのかなぁとか

    参考になりました。
    ありがとうございました

    • kotani より:

      夢実さん

      アドセンスで収益を上げるにはアクセス数が結構必要ですので、情報販売だけでは苦しいかもしれません。

      ご存知かと思いますが一つの分野に絞って記事を書いてアクセス数を上げる方法と、トレンドブログのように色んな分野の記事を書いてアクセス数を上げる方法があります。

      情報販売で収益を上げるのであれば、やはりブログでアクセスを上げ、無料レポートでメールアドレスを収集し、メールにて情報商材を紹介するのが収益が上がりやすいと思います。

      コメントありがとうございました。

  3. 美鈴 より:

    初めまして。
    ランキングからやってきた美鈴です。

    去年からアドセンス審査が厳しくなりましたよね。
    今回「アドセンス審査に通った方の例」がとても参考になりました。

    審査に通らないようなブログなら、広告を貼ったとしても稼げない。
    私も同意見です。

    結局のところ「ユーザーに役立つコンテンツ」を作っておけば、
    特に問題なく審査に通るという事ですよね(*´ω`*)

    応援していきますね。

    • kotani より:

      美鈴さん

      仰るとおりだと思います。

      仮にアドセンスの審査が通ったとしても、読者の役に立たないコンテンツではPVが増えませんもんね。

      アドセンスは記事さえしっかり書ければ収益を上げることができますから、みんなが取り組んで欲しいネットビジネスですよね。

      コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お勧め情報商材

プライド
プライドを読んでアドセンス月収が15万円を超えました
pandora2・キーワード選定ツール
稼いでるライバルサイトのキーワードを丸裸!
AMCアフィリエイトスクール
初心者から月収30万円達成者続出