アマゾンGO(ai)ならレジでの精算がいらない、でも人手もいらない

レジも人でもいらないアマゾンGO

アマゾンGOが2017年にアメリカで開始されます。1年前ぐらいにアマゾンGOの記事を見かけたことがあり、いつかは一般のお店に普及するだろう思っていました。

Amazon Goとは、センサーや深層学習などの人工知能技術を活用した、全く新しいコンビニです。

消費者は入店時に、スマートフォンをゲートにタッチして本人認証するだけ。あとはアマゾンいわく「自動運転車と同じ種類の技術」──つまりカメラやセンサー、ディープラーニングなどのAI技術により、消費者がどの商品を手に取り、どの位置にあるかを仮想的なカートで認識。

消費者はレジを通らずに店を出るだけで、スマートフォンにAmazonアカウントで決済が完了する仕組みです。

アマゾンGOのシステムは数年以内に日本でも普及する

コンビニやスーパーで買い物をする際、かごに商品を入れてレジに持っていき精算します。レジでの精算は現金が多いですが、クレジットカード、電子マネーなどの割合が高くなっています。

すでに日用品でもネットスーパーやアマゾン、楽天などが台頭していますので、自宅にいながらネットで日用品や食品を買物をして、配達してもらうのが当たり前になっています。

それでも実店舗で商品を買う層や機会はまだまだありますから、アマゾンGOのシステムは便利で助かります。

便利といえば、アンドロイドスマホには以前からありましたが、アイフォンにsuicaがのりましたから、携帯電話をかざすだけで電車の乗り降りや買い物もできるようになりました。いずれスマホをかざす必要もなく電車の改札を出入りすることが出来るようになるでしょう。

アマゾンの倉庫ロボットがようやく日本でも活躍

アマゾンは大量の商品を倉庫に在庫として保管していますので、顧客からの注文に素早く対応するためにkivaというシステムを使いピッキングの効率化を図りました。

以前なら職員が何時間も倉庫を歩き回ってピッキングしていた作業を、kivaを使うことで数分で出来るようになっています。

アディダスが本国のドイツで向上を建設したが人では不要

アディダスは人件費の高騰などを理由に1990年代にドイツ国内での生産は全廃止とし、以後は、生産拠点はアジアに移すことで生産コストの削減を図ってきた。

アディダスが20年ぶりに国内生産再開を目指して建設を進めている新工場は4,600平米の面積を持つもので工場従業員を全廃し、産業用ロボットの導入により完全自動化を図った新世代の工場となる。

出典:http://business.newsln.jp/news/201605281551520000.html

アディダスが本国に国内回帰することは素晴らしいと思いますが、人手を必要としない工場ですから雇用は生まれません。ちなみにキャノンも日本に中国などから一部が国内回帰します。

しかしカメラの組み立てにかかる作業の完全自動化を表明しています。今まで人手に頼っていたネジ止め、製品の梱包など、多くの工程を機械に置き換えますので、新たな雇用が生まれるわけではありません。

シャープを買収したフォックスコンは自動化によって6万人を削減

鴻海精密工業の工場がある中国・江蘇省、昆山市の広報担当者は「ロボットの導入によって、同工場の人出を11万人から5万人まで減らし、大きな人件費の削減に成功した」と話しており、今後はより多くの企業が鴻海精密工業の方針に追随する可能性を示唆したといいます。

出典:http://japanese.joins.com/article/950/218950.html

シャープを買収した巨大企業であるフォックスコンもaiを次々と導入し、自動化を図っています。フォックスコンとしては今後大きなリストラはないと発表していますが、シャープを買収したときも同じことを言っていました。

間違いなく可能な限りaiに投資を続け工場の自動化を勧め、最終的にはい人件費を大きく削減します。

フォックスコン・自動化

ai・人工知能の発達によって無くなる仕事

ai・人工知能によって私達の仕事は大きく変わります。大きく変わることが見えていますが、なかなか人間は変化に対応できません。素晴らしい企業に勤め、高い給与を得ている優秀なサラリーマンの友人は「俺の仕事はダイジョブだよ」と話します。

大丈夫かどうかは本人が決めるのではなく、市場が決めることです。aiに変わるほうが便利であり、利益が出るのであれば自分の仕事はなくなります。

逆に超高齢社会によって生まれる仕事もたくさんあります。時代の流れによって仕事はつ次と変わるという意識があれば、自分の職種の行く末を見ることが出来、対応することが可能です。

  • 小売店販売員
  • 会計士
  • 一番事務員
  • セールスマン
  • 一般秘書
  • 飲食カウンター接客係
  • 商店レジ打ち係や切符販売員
  • 箱詰め積み降ろしなどの作業員
  • 帳簿係などの金融取引記録保全員
  • 大型トラック・ローリー車の運転手
  • コールセンター案内係
  • 乗用車・タクシー・バンの運転手
  • 中央官庁職員など上級公務員
  • 調理人(料理人の下で働く人)
  • ビル管理人

ai・人工知能の発達によって新たに生まれる仕事

  • ロボット・アドバイザー
  • 企業文化のエキスパート
  • 単純化の専門家
  • 輸送アナリスト
  • 未来貨幣投機家
  • クラウドファウンディング・スペシャリスト
  • ビッグデータ・ドクター
  • ボット・ロビイスト
  • プライバシー・コンサルタント
  • マインドインストラクター

スペシャリスト系の仕事がたくさん生まれると予測されています。もちろん、全てが数年後に起こるわけではありませんが、ジワジワと押し寄せてきます。

自分が気づいたときにはすでに他の人がスペシャリストとして活躍していますので、一歩も二歩も出遅れてしまいます。

スペシャリストとして活躍するためには、今から準備が必要です。

まずは時代がどんな風に変わりつつあり、自分の仕事にどういった影響があるかに関心をもつことから始めると、少し先が見えるようになります。

少し先が見えるようになれば、自分の人生を楽しみながら過ごすためにはどういった情報、スキル、力が必要かが更に見えてきます。

クリックよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お勧め情報商材

11step・イレブンステップ
11通のメールでどんなジャンルでも自動で売上を上げるノウハウ
pandora2・キーワード選定ツール
稼いでるライバルサイトのキーワードを丸裸!
AMCアフィリエイトスクール
初心者から月収30万円達成者続出