オウンドメディア記事を100記事書いたがトホホなアクセス数

6月からオウンドメディアの記事を作り続けています。先日100記事にようやく達成しましたがアクセス数は雀の涙です。

アクセス数

金融系のアフィリエイトサイトを昨年の11月頃から作り、今もボチボチですが記事を書いています。金融系アフィリエイトサイトを作成し始め、3ヶ月目に月間13,000pv、最近は月間PV数は17,000前後です。

アフィリエイトサイト・PV

この金融系アフィリエイトサイトよりも、オウンドメディアは記事が充実していますし、ボリューム感も満載です。しかしアクセス数は伸びていません。

私のオウンドメディアがダイエット系なので、競合サイトが星の数ほどあります。厳しい競争下の中でのサイト作りですから、3ヶ月やそこらでの結果は難しいと改めて実感しています。

オウンドメディア記事を年内に200記事達成して来年につなげる

1記事3,000文字以上をオウンドメディアの記事では最低文字数としています。ボリューム感のある記事を3ヶ月継続したぐらいでは、結果は出ないことがはっきりとわかりました。

そこで年内に更に50~80記事を追加して、アクセス数がどのように変化するかを見てみたいと思います。これもアフィリエイトで収益を上げるための修行です。


私がいつも拝見しているブログの中に「アフィリエイト野郎」があります。アフィリエイトの王道を何年も走っている方で、「1週間で10万円稼ぐ方法」といった残念な見出しを絶対に使わない人です。

誰しも簡単ですぐに稼げる方法を知りたがりますが、残念ながらそういった方法は世の中に存在しません。少なくともアフィリエイトやネットビジネスの中にはあり得ません。

やはり地味な努力を継続出来ている方、膨大な作業量をこなした方が年収数千万円、億と収益を上げています。

オウンドメディア・ブログ記事の質を上げる

オウンドメディア記事を書き始めたときは、3,000文字が苦痛でした。他サイトのリサーチ、雑誌やテレビからの情報収集などを継続することは、結構な労力を使います。しかし、労力をつぎ込まないとアフィリエイトの結果が出ません。

リサーチに労力を使い、集めた情報を記事にしていきますが、最低でも100記事は量をこなさないと質が上がってこないといいます。

3,000文字×100記事を作って得られたのは、記事を作り続けるというマインドセットと、量をこなさないと見えてこない質があるという2点です。

  • 記事を作り続けるマインドセット
  • 100記事をこなすことで見えてくる質

アフィリエイト記事を作り続けることを習慣化

アフィリエイト記事を作るのは、慣れれば難しくない作業です。しかしアフィリエイト記事を作り続けること、「継続すること」が何よりも難しいです。

毎日ご飯を食べたり、寝たりすることは誰でも出来ますし、意識せずに行っていることです。ご飯を食べない、寝ないという人は地球上に殆ど存在しません。

しかしアフィリエイト記事に取り組んでみたものの継続出来ない人のほうが遥かに多く、報酬を得ることなく情報やノウハウばかり頭に溜まっていきます。

ダイエットでも、資格の勉強でも、アフィリエイト記事の作成でも、つまるところ継続できれば誰でも結果を得ることが出来ますが、継続できない人が90%を占めるので結果が出ない人ばかりが存在します。

継続できない理由は沢山あると思いますが、継続できるようになるためにはマインドセットです。

⇨ アフィリエイト記事作成を継続できるようになるマインドセット

私ぐらいのアフィエイト報酬で大きなことは言えませんが、周りを見ているとやはり継続できないために結果が出せていません。何が何でもアフィリエイト記事やオウンドメディア記事を書き続けられる環境に自分を置くことが先決です。

私も含めて人間の意思はとても弱いですから、追い込まれる環境にないとアフィリエイト記事を作りません。アフィエイト記事を作らざるをえない環境を意図的に作り、記事作成している過程を公開するとモチベーションが上がります。

  • Facebookでアフィリエイト記事を、いつまでに何記事作り続ける宣言をする
  • ブログやFacebook、ツイッターでアフィリエイト記事の作成状況を公開する
  • ブラック企業に勤めている場合は、給与が下がっても思い切って仕事を変え、アフィリエイト作業の時間を作る
  • 目につく場所に、アフィリエイト記事のノルマの紙を貼って自己洗脳する
  • 友人、知人、家族、恋人との時間を減らし、アフィリエイト記事作成にあてる

アフィリエイトのテクニックよりも記事の質と量

アフィリエイト記事やオウンドメディアのアクセス数を上げるために、いろんな手法が出回っています。最近はSNS系を使って、意図的にバズらせる方法などが注目されています。

こういった手法に頼ることは悪くありませんが、残念ながら長続きしません。下手すればGoogleやSNSからペナルティを果たされてしまし、せっかく作った記事が全て無駄に終わることがあります。

誰しも少ない記事数で大きな成果を上げたいものです。実際少ない記事数で大きな成果を上げている方も一時的には存在しますが、半年、1年すると見かけなくなります。記事の量と質が伴っていないと、いくらテクニックに頼っても続きません。

記事の質を上げるテクニックなら大いに賛成ですが、妙なツールなどを使って強引にアクセスを上げても身になりません。

アクセス数を一時的にあげたい場合は、テレビ関係の記事を書くと1,000PV/日はすぐに上がります。これはあくまでも一時的なアクセスであって、恒久的なアクセスではありません。

テレビ関係の話題をアフィリエイト記事にしてアクセスを稼ぎ、そして自分のサイトへ上手く繋げたり、アフィリエイト報酬を誘導するキラーページに繋げるのは効果的だと思います。

外国関係の記事も書いていますが、ニュースで大きく取り上げられたことを記事にすると、アクセス数は一時的にグンと上がりアドセンス報酬が少し増えます。

PV数・アフィリエイト

オウンドメディアやアフィリエイト記事の質と量の関係

オウンドメディアやブログ記事の質をどうやって上げるかですが、まずは量をこなさいないと質がついてきません。

100記事、200記事など序の口です。毎日2記事、3記事書いているアフィリエイターも沢山いますし、外注化してさらに記事数を稼ぐアフィリエイターもいます。こういった人たちと戦うわけですから甘くありません。

このことからも、アフィリエイトで簡単に報酬を得れる時代が終わっているのがわかります。かといってサラリーマンのようにいつまで経っても年収が上がらないわけではありません。

半年から1年間かけてアフィリエイトサイトやオウンドメディアを作り続ければ、月収20万円以上は軽く得ることが出来ます。オウンドメディアで結果を出している人であれば、1年経過後に月額300万円の報酬を得ている人がゴロゴロ存在します。

直近の数万円よりも、半年、1年後の数十万円、数百万円を目指して頑張りましょう。

クリック宜しくお願いします。

 にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

“オウンドメディア記事を100記事書いたがトホホなアクセス数” への6件のフィードバック

  1. さゆこ より:

    こんばんは!
    おっしゃる通り継続することは難しいです。
    良い記事を書けるようになりたいなら
    たくさん書いて経験を積まないとですね!

    勉強させて頂きありがとうございました^^

    • kotani より:

      さゆこさん

      本当に継続は難しいですね。逆に継続さえ出来れば素晴らしい未来が待っていますので、ひたすら記事を書き続けたいと思います。

      コメントありがとうございました。

  2. tonai より:

    地道に1年間くらいかけてアフィリエイトサイトやオウンドメディアを作り、数稽古を続け、月収20万円以上を得られるよう邁進したいと考えています。また訪問します。

    • kotani より:

      tonaiさん

      素晴らしい考えだと思います。挫けそうになることもあるかもしれませんが、諦めずにがんばってください。応援しています。

      コメントありがとうございました。

  3. マレク より:

    こんにちは。
    すぐに結果を求めてしまって、ペナルティをもらってしまっては大変ですね。
    地道に資産を作る。
    これが王道なやり方かもしれませんね。

    • kotani より:

      マレクさん

      仰るようにペナルティを貰ってしまうとせっかく作ったサイトを捨てることになりかねません。

      下手な小細工などをせずに、きちんとした記事を作り続けることが一番の近道だと感じています。

      コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お勧め情報商材

11step・イレブンステップ
11通のメールでどんなジャンルでも自動で売上を上げるノウハウ
pandora2・キーワード選定ツール
稼いでるライバルサイトのキーワードを丸裸!
AMCアフィリエイトスクール
初心者から月収30万円達成者続出