大量の年収100万円と少数の年収1億円の日本になる

グローバル化による格差拡大

以前、ユニクロの柳井社長が非常に不評かつ
正確な発言をしていました。

 
これはグローバル化の問題だ。10年前から社員にもいってきた。将来は、年収1億円か100万円に分かれて、中間層が減っていく。仕事を通じて付加価値がつけられないと、低賃金で働く途上国の人の賃金にフラット化するので、年収100万円のほうになっていくのは仕方がない

 
この発言を聞いて多くの方が柳井氏に対して
バッシングをしていました。私はこの発言を聞いて、
柳井氏はわかりやすく将来を解説していると感じました。
 
この少ない超富裕層と少ない中間層と多くの貧困層と
言う国の形は望ましいものとでありません。
 
望ましくありませんが、世界中がグローバル化に
組み込まれていますので、先進国でルーティーンな
仕事をしている人たちの給与は確実に下がります。
 
貧困層か富裕層か
 
アメリカを見ればわかりますが、アメリカの株価は今も
うなぎ登りで、株式に投資できるの資産はうなぎ登りです。
 
しかし、時代を読めなかった中間層は仕事を失うか
給与カットになり貧困層はドンドン増えています。
 
グローバル化と言うのは今まで国々にあった関税、法律、
条例などが無くなり、世界共通の仕組みに変更されていく事を意味します。
 
ですから、金融、IT、起業家、超優秀なサラリーマン以外は
収入は減っていきます。アメリカ、韓国のデータを見れば一目瞭然です。

 
日本はアメリカ傘下ですから、このグローバル化の中に
組み込まれています。日本の市場はあらゆる外国企業に提供され、
また逆に他国の市場も日本企業に提供されます。
 
国と国との境目がなくなる世界で、どうやって生きるのが自分にとって、
家族にとって、友達にとって、引いては日本人にとって幸せなのかを
じっくり考える時だと思います。
 
クリックよろしくお願いします。
 
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

“大量の年収100万円と少数の年収1億円の日本になる” への2件のフィードバック

  1. 水美 より:

    こんばんは、水美です。

    柳井社長、そんな発言をしていたのですね。

    私の個人的な感覚では、本来の形に戻り
    つつあると思っています。
    中間層の増加が国の発展に寄与したことは
    事実ですが、それは一時的なもので、私た
    ちは幸福な夢を見ていただけなのかもしれ
    ませんね。

    応援ポチしていきますね。

    • kotani より:

      水美さん

      コメントありがとうございます。

      >中間層の増加が国の発展に寄与したことは
      >事実ですが、それは一時的なもので…

      仰る様に日本は世界一成功した社会主義国家と言われて、
      世界二位の経済大国に君臨しました。

      しかしグローバル化によって、水美さんの仰る
      以前の世界に戻りつつありますね。

      格差の上に位置出来るよう頑張りたいと思います。
      今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お勧め情報商材

11step・イレブンステップ
11通のメールでどんなジャンルでも自動で売上を上げるノウハウ
pandora2・キーワード選定ツール
稼いでるライバルサイトのキーワードを丸裸!
AMCアフィリエイトスクール
初心者から月収30万円達成者続出