自民党の外国人労働者受け入れの議論開始は予想通りの展開

労働移民・

自民党が外国人労働者の受け入れ議論を開始ししました。以前の記事で「グローバル企業が移民政策や難民流入を止めることは決して無い」と紹介しましたが、更に具体的に移民が進みそうです。

単純労働やサービス業などに対する移民緩和ですから、外国の中間層以下の人達が日本にやってきます。新興国に旅行をしたり、実際に肌で感じたことがある人であれば、どうなるかは想像がつくと思います。

労働移民流入によって人件費は下がるのと、文化の違い、生活の違いなどから民族同士のぶつかり合いがおきます。また、日本人は抜群の治安の良さに慣れていますから、あらゆることが無防備です。

多くの移民の人は普通の人たちです。しかし普通の人を装って、宜しくない人間が流入してくるのは十分予想できるでしょう。この宜しくない移民流入による新しい大きな変化に対して、反発しても勝つことは出来ません。TPPに対して反発しても、グローバル企業が出資する勢力に勝てることはありません。

反発よりも、どうすれば上手くビジネスに繋げれるか、どうすれば賢く対応できるかを考えるべきでしょう。格差はまだまだ広がります。格差の上に位置できるよう頑張りましょう。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

“自民党の外国人労働者受け入れの議論開始は予想通りの展開” への6件のフィードバック

  1. ryouji より:

    こんにちは。いつもありがとうございます。

    いろんな国の労働組合が入ってくるとなるとますます格差が広がってきそうですね。

    今後の動向に注目していきたいですね。応援して帰ります。

    • kotani より:

      ryoujiさん

      労働組合が入ってくるというよりも、グローバル化やTPPによって法律もグローバル化することの影響が大きいと思います。

      多国籍企業が大きく利益を出せる法律に変更されていきますので、多国籍企業の動向や法律は見逃せません。

      コメントありがとうございました。

  2. 徳 幸太 より:

    こんにちは。ブログランキングから来ました。徳です。
    今の日本はグローバル社会だといえます。今の日本には外国人が多く在住しています。
    今からはもっとたぶん増えますからね。
    いいおもてなしができるといいですね。

    これからも頑張ってください。
    応援しています。

    • kotani より:

      徳さん

      外国人が増えることに対してネガティブばかりを考えず、どうすれば利益を増やすことが出来るかを考えるのが大事だと思っています。

      格差の上に位置するには、多国籍企業の動向を追うのが賢いと思います。

      コメントありがとうございました。

  3. こるぼ より:

    おはようございます。
    外国人労働者の増加が進むと
    いずれヨーロッパの二の舞になります。この政策の先の見込みは不透明で
    色々な問題を内包しています。利益と不利益どちらにもフォーカス
    俯瞰してみることが大切ですね。

    • kotani より:

      こるぼさん

      仰るようにヨーロッパやアメリカのような国に変貌していくように思います。マスコミでは大きく報道されませんが、外国人労働者の推移は右肩上がりですね。

      >この政策の先の見込みは不透明で…

      個人的には外国人労働者はまだまだ増えると思います。(増えてほしくはないですが…)増えることが前提で仕事と生活を考えることで、いろんなリスクを回避できたり、利益を享受する選択をせざるを得ないです。

      政治家は資本家には勝てないと落胆しています。

      コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お勧め情報商材

11step・イレブンステップ
11通のメールでどんなジャンルでも自動で売上を上げるノウハウ
pandora2・キーワード選定ツール
稼いでるライバルサイトのキーワードを丸裸!
AMCアフィリエイトスクール
初心者から月収30万円達成者続出