バスの事故に思う長時間労働や高齢者による労働の弊害による被害

日本・労働生産性

スキーツアーのバス事故は本当に痛ましく残念です。せっかくスキーやボードをして楽しもうと思っていた矢先に、命を落としたり怪我をしてしまッた方が可哀想でなりません。

バス会社が憎くて仕方がありませんが、こういった事故は過度な価格競争による弊害なども十分考えられます。

規制緩和によって人間が使い古しにされ、人間が被害に遭う

小泉政権時代にタクシー業界に激震が走りました。タクシーの台数を規制していましたが、台数をかなり緩和したのです。するとタクシーの台数が一気に増え、価格競争に陥るようになりました。

顧客にとっては”タクシーが捕まりやすい、料金が安くなり良い”のですが、タクシーを運転する人にとっては客単価が下がりますので、長時間労働を強いられます。これはバス会社も同じです。

旅行客を取るためにツアーの単価を下げると、人件費や整備費用、保険代などにしわ寄せが行きます。本来必要な経費さえも削りますので、事故が起きる確率が上がってしまいます。

長時間労働の日本

今回の事故が長時間労働による疲れか、加齢による判断ミスなのかはわかりません。いずれにしても、長時間労働を酷使させたり、年齢的に危ないと思われる人を雇用して運転させることに疑問があります。

もちろん60才以上の方は年金が少なく、仕事をしないと生きていけない方が多いので働かざるを得ません。しかし加齢による視力低下、動体視力の低下、体の動きの低下は必ずあります。

65歳の方でも動体視力が低下せず、体の動きも50代前半のような方もいますが、50代でも70歳ぐらいの体力しかない人もいます。

人の命を預かる仕事の場合、年齢はもちろん、能力まで測らないと非常に危険です。利益が出ていて顧客単価が高い会社は、こういったことにも対応し、運転手に対してもそれなりの賃金を払えます。

しかし経営状態が芳しく無く、安く雇える運転手なら誰でもいいという会社のバスや車はとても危険です。

企業は人間を酷使して利益を吸い取ることを目的としています。安売り合戦で消耗するのは人間なのです。そして消耗した人間は、正常な状態で仕事をできませんので大きな事故を起こします。

長時間労働の日本

身を守るためにも適正な人件費や経費を使っている会社を目利きする

きちんと業務をこなしている会社が大半ですが、一部の会社は恐ろしいぐらい適当な仕事をしています。利益さえ出れば安全など二の次なのです。マクドナルドが利益を出すため中国の会社にチキンナゲットの製造を委託していました。

その委託先の会社のずさんな管理によって、多くの日本人が怪しいチキンナゲットを口にしていました。これも利益至上主義による弊害です。

利益と安全は常にセットでなければいけませんが、企業は安全よりも利益を優先する共同体です。このことをしっかり理解し商品やサービスを受けないと、被害をうけるのは我々です。

日本製品は品質が高いですが、中には残念なものが沢山あります。被害者にならないように目利き力をつけながら生活しましょう。

 

1月17日追記

15日、長野県軽井沢町でバスが転倒し、14人が死亡、26人が重軽傷を負った事故で、バスの運行会社は、法定の下限を下回る料金で請け負っていたことが新たに分かった。

国土交通省は16日も都内のバス運行会社「イーエスピー」を特別監査したが、事故当日のバス料金について、イーエスピーは、旅行会社「キースツアー」から19万円で請け負ったと説明しているという。これは法定の下限の27万円を大幅に下回る金額。

また、両社を仲介した業者は国交省の聞き取りに対し、キースツアー側から「今シーズンは雪が少なく、安くしないと客が集まらない。当面は低い値段でやってほしいとイーエスピーに伝えてくれ」と言われたと説明しているという。

 
バス会社が強烈に安い金額で請け負えば、しわ寄せは人件費や安全に響きます。安かろう悪かろうの業者が多いですから、十分に気をつけて選択してください。
 
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お勧め情報商材

11step・イレブンステップ
11通のメールでどんなジャンルでも自動で売上を上げるノウハウ
pandora2・キーワード選定ツール
稼いでるライバルサイトのキーワードを丸裸!
AMCアフィリエイトスクール
初心者から月収30万円達成者続出