大企業の賞与・給与は軒並み上がったが中小零細企業は変わらず

格差社会

労務行政研究所の「東証第1部上場企業の2015年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査」によれば、1部上場企業199社の平均金額は前年比3.7%増の73万2888円。

また、日本経済団体連合会が10月30日に発表した冬のボーナス調査(第1回集計)では、大手企業80社のボーナス額の平均は、過去最高で3年連続増加の91万697円だという。

一方で11月9日になり、みずほ総合研究所は、「民間企業全体(パート労働者を含む従業員5人以上の事業所)では2年ぶりに減少、前年比1.8%減の約36万8694円」という予測を発表。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングも同様の見方で、36万7458円(前年比2.1%減)と予測。なお同社は、国家公務員は前年比3.4%増の71万5400円になると予測している。

一部上場企業に勤務する私の友人たちも、賞与が大幅に増えて潤っています。しかし中小零細企業に務める友人たちは、残念ながら増えていなかったり下手すれば減っています。

マスコミが報道する内容を鵜呑みにすると、日本全体の景気が回復しているように思えますが、実際はデフレが回復せず相変わらず厳しい現実です。

ある程度の資産を持つ人達は、株や為替、不動産などに投資し資産を増やしました。株や不動産などの資産を買えない層は、資産が増えるどころか増税によって実質賃金は減っています。

格差社会の下に位置すると抜けだすのに恐ろしく時間がかかる

私は派遣会社で長い間勤務していました。派遣時代は本当に貧乏で、家賃や水道光熱費を滞納することもあったぐらいです。40代に差し掛かると、派遣会社からお声がかからなくなりますので、貧乏に拍車がかかりました。

ただ、貧乏ながらもネットビジネスとグローバル化の可能性を信じて、地味に情報を収集し、少しずつ作業をしていました。

格差の下に位置する長期間の貧乏生活でしたが、ようやく今年に入ってIT関係の請負や華僑からの依頼が増え始め、貧乏を脱出することが出来ています。一部上場企業に務める友人たちの給与にはまだまだ追いつきませんが、彼らの背中は見えています。

彼らの背中が見える理由は、マーケティング、ウェブサイトの作成方法、情報発信の方法などの知識を貯め行動してきたからです。

格差社会

何をすれば収益が上がるかが見えてくると、作業に没頭できます。更に利益が出れば外注化して、自分自身は情報収集と外注先のハンドリングに徹することでビジネスを俯瞰できます。

格差の下に位置する派遣、アルバイト、パート、ブラック企業勤めを脱出するには、新しい職場を探すか起業の2つ以外にありません。

新しい職場と言っても正社員になれる可能性は極めて低い現実があります。そうなると起業以外に選択肢はありません。アフィリエイトや転売などの起業であれば、初期投資は数千円もあれば可能です。

少ない初期投資で起業できる今こそ、一人起業のチャンスです。このチャンスを静かに掴み、少しずつ現実に引き寄せていく人が格差の上に位置することが出来ます。

2016年は沢山の方が起業し、新しい一歩を踏み出して貰えるような情報を発信していきたいと思います。

来年もよろしくお願い致します。

クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

“大企業の賞与・給与は軒並み上がったが中小零細企業は変わらず” への6件のフィードバック

  1. こんばんは
    ランキングサイトからきました。

    アフィリエイトは敷居が低いですが
    月5.000円稼げていない人が多いのも
    事実です。

    収入の柱を今から準備しておきたいものですね。
    応援完了です。

    • kotani より:

      じゅんじゅんさん

      確かになかなか結果が出ない方が多いですが、作業量が基本的に不足していると思います。

      キーワードを選定せずに1ページ1,000文字以上で300ページほど記事を作っても、1ヶ月に数万円は十分に達成します。

      私が1ヶ月1万円も収益がなかった頃は、作業の絶対量が不足していました。
      逆に作業量さえ増えればアフィリエイト報酬は確実に上がりますので、非常にやりがいがあるビジネスだと思います。

      コメントありがとうございました。

  2. spoon より:

    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

    みんなが安心して暮らせるようになりたいですね。

    • kotani より:

      spoonさん

      あけましておめでとうございます。

      仰るとおりですね。
      多くの方が幸せに暮らせることを心から祈ります。

      コメントありがとうございました。

  3. こるぼ より:

    こんばんは、こるぼです。
    格差社会が懸念されるようになって久しいですが、
    それにまだ意識が向いていない人も多くいて
    意識の変化や認識ができるか出来ないかの
    格差も広がっているように思われます。
    無知はコストだと身にしみて感じる今日この頃です。
    情報有難うございます。

    • kotani より:

      こるぼさん

      >無知はコストだと身にしみて感じる…

      仰るとおりです。私はまだまだ勉強不足ですが、私よりも無知でありながらも優秀なサラリーマンは沢山います。彼らは自分がリストラ圧力に晒されていることを気づいていません。

      格差は韓国のように、東南アジアや中国のようにまだまだ広がります。一億総中流は終わり大きな変化が訪れています。大きな変化こそ我々のチャンスですので頑張りましょう。

      コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お勧め情報商材

11step・イレブンステップ
11通のメールでどんなジャンルでも自動で売上を上げるノウハウ
pandora2・キーワード選定ツール
稼いでるライバルサイトのキーワードを丸裸!
AMCアフィリエイトスクール
初心者から月収30万円達成者続出