会社は黒字でも不採算部門はリストラをするため、常に先見の明が必要

黒字でもリストラ

企業に勤めながらアフィリエイト作業をされている
方がいらっしゃると思います。私も派遣社員をしたり、
知人の会社を手伝ったりしながらアフィリエイトをしています。
 
アフィリエイトだけではまだ食べていけませんので、
他の仕事もしていますが、職種によっては売り上げが
下がっています。

スマホの業績不振で今期の赤字を見込むソニーが
約1000人の削減、音響・映像機器部門の売却に伴い
国内外約1500人を削減するパイオニア、パソコン事業の赤字で
900人を削減する東芝などである。
 
東芝、パイオニアはいずれも2013年度決算は黒字。
7月に40歳以上の社員1000人の削減を発表した日立化成も
増収増益である。
 
2014年上半期(1-6月)に希望・早期退職者の
募集実施を公表した上場企業のうち、エーザイ(応募396人)、
三菱製紙グループ(200人)、大陽日酸(100人)といった大手企業も
黒字にもかかわらず、リストラを実施している。

 

勤め続けるリスクと起業するリスクの選択

 
黒字のうちに不採算部門を整理してリストラするのは、
企業の選択としては正解です。資金が潤沢な状態で
整理をして次の投資を選択するのが賢明です。
 
 
しかし、リストラされる側の人たちはたまりません。
 
 
不採算部門と言うことは他の企業でも不採算の
可能性が高いので、次の就職が難しい場合が多々あります。
 
そうなると結局就職できず、自分が就きたい職種ではない
仕事を選択し、給与の大幅ダウンも受け入れなければなりません。
 
また、年齢によるリストラ圧力もかかりますので、
企業の都合によって多くのサラリーマンは振り回されます。
 
アフィリエイトで起業
 
こういった現実をしっかりと早く受け止めて、
消費市場がどのように変化し、どんな生き方をすれば
幸せなのかを考える時間が日本人には必要です。
 
アフィリエイトやネットビジネスであれば小資本で、
起業できますし、副業としても十分に成り立ちます。
 
沢山の人がアフィリエイトやネットビジネスの可能性と
勤め続けることのリスクに気付いて欲しいですね。
 
クリックよろしくお願いします。
 
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

“会社は黒字でも不採算部門はリストラをするため、常に先見の明が必要” への2件のフィードバック

  1. 大垣です。
    こんにちは。

    こう考えるとサラリーマンで他にビジネス持っていないのって
    逆にハイリスクなような気がします。
    リスクヘッジとしても何かスモールビジネスやっておいた方が
    よさそうですね。

    応援致します。

    • kotani より:

      大垣祐司さま

      コメントが遅くなりました。申し訳ないです。

      仰る通りで、サラリーマンをすることはリスクがあります。
      もちろん起業もリスクがありますが、自分の実力次第な
      点が魅力です。

      サラリーマンの場合は、自分に力があっても
      評価や会社の利益で決められてしまいます。

      ですから、サラリーマンの方はリストラのリスクヘッジが
      必要だと思います。

      よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お勧め情報商材

11step・イレブンステップ
11通のメールでどんなジャンルでも自動で売上を上げるノウハウ
pandora2・キーワード選定ツール
稼いでるライバルサイトのキーワードを丸裸!
AMCアフィリエイトスクール
初心者から月収30万円達成者続出