アルバイトや非正規社員が貧困から抜け出せることは永久にないと思う

女性の貧困・貧困女子

ここ数年、ようやく女性の貧困が注目されるようになってきました。高齢者の貧困、女性の貧困、シングルマザーの貧困、若い世代の貧困、リストラされて非正規になってしまった中高年の貧困と、貧困層が確実に増えています。

私はこういったニュースが流れる前からすでに貧困でした。今でこそ華僑からの仕事やネットからの収入で暮らせていますが、派遣やアルバイト時代は病んでしまうほど貧困でした。

色々な指標を見ると、そうした現状が見て取れる。たとえば、日本は子どもの6人に1人が貧困と言われ、OECDの発表によれば子どもの相対的貧困率はOECD加盟国34ヵ国中10番目に高い。

また、ひとり親世帯の子どもの相対的貧困率はOECD加盟国中最も高い。ひとり親家庭の貧困率は50%を超える。そして、日本の平均世帯所得は1994年の664.2万円をピークに下がり続けており、2013年は528.9万円となっている。

なかでも前述したように、若年層を中心とする女性の貧困は深刻だ。昨年1月にNHKで放送された「深刻化する“若年女性”の貧困」では、働く世代の単身女性のうち3分の1が年収114万円未満と報じられた。

非正規職にしかつけず、仕事をかけ持ちしても充分な収入が得られないという状況だ。ヤフー記事から抜粋

女性の貧困・貧困女子

この記事を見て思うのは、日本はグローバル化の中に完全に組み込まれアメリカ型の社会に移行しているということです。

アメリカ型の社会=1%の富裕層と僅かな中間層、
そして大多数の貧困層

この大きな流れに我々のような個人が逆らうことはできません。逆らったところで政治家や官僚を買収する多国籍企業に勝てるはずもありません。我々個人がすべきことは逆らうのではなく、今の波にのることです。

グローバル化という格差拡大の波に乗れる第一歩はアフィリエイト

私が非正規やアルバイトで働いていた時、一ヶ月の給与が8万円を切ることが有りました。家賃、水道光熱費、携帯電話のいずれかを滞納しないと、生活が成り立たないことが続きました。

こういった貧困状態が続くと心を病んでしまい、何をどうすればいいのかわからなくなってしまいます。いわゆる思考停止です。

稼ぎが悪い人に対して”甘い、気合が足らない、自業自得”という言葉を世間は浴びせます。自業自得の面ももちろん有りますが、格差拡大の流れにハマってしまうと抜け出せない環境が主な原因です。

非正規社員から社員登用を探ることは、建設的ですし素晴らしい志です。しかし一流大学を卒業し、一流企業に就職した優秀な人がリストラをされてしまい、私と同じような派遣の仕事で苦しんでいました。

そんな方を私は数えきれないほど見ました。どんなに素晴らしいキャリアを歩んでいたとしても、”雇用される側”でいる限り、リストラのリスクを常に背負っています。誰でも職を失う可能性はあるのです。

公務員や一流企業に勤務することは確かに安定しています。しかし安定した環境で長く勤め続けると、環境が変わった時の変化に対応できないのです。

環境の変化とは不景気によるリストラや給与ダウンだったり、規制緩和や規制強化、グローバル化による市場の変化など多岐にわたります。

リストラ・グローバル化

アフィリエイト一つとっても、今時スマホに対応していないサイトは順位が下がり、コンテンツ不足のサイトも順位が下がり、無茶なリンクも順位が下がり、誰の目にも触れません。

以前はできていた強引なSEO対策などが、今では通用しなくなりました。こういった変化に対応できずに、業界から去っていった人は星の数ほどいます。

個人事業をしていると常に変化することへの対応に迫られます。ですから、新しい事業や新しい言語、新しい文化に対応するのも苦にならないのです。木坂健宣氏も随分昔から話していますが、自分で自分を養える力がないと格差の下に追いやられてしまいます。

私自身も格差の下で長く生活しました。なんとか復活しましたが、これが50代を超えてから格差の下に追いやられていたらと思うとゾッとします。

可能なかぎり早い時期に自分で自分を養える力を身につけましょう。

クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

“アルバイトや非正規社員が貧困から抜け出せることは永久にないと思う” への2件のフィードバック

  1. こるぼ より:

    おはようございます。
    これ以上貧困が加速すると
    この先はどうなってしまうのでしょうか?
    速いうちからそれに築いて対策できるひとは
    少ないものです。アフィリエイトをするにしても
    最低のPCやネット環境が必要ですね。
    知恵やスキルを身につけて、生き残る
    工夫が必要不可欠でしかも急務ですね。

    • kotani より:

      こぼるさん

      >これ以上貧困が加速するとこの先はどうなってしまう…

      アメリカのように若い世代から高齢者まで多くの方がホームレス状態になります。家は失わないにしても月額10万円さえも稼げないアメリカ人は、5,000万人以上と言われています。

      日本もアメリカのようにグローバル化による規制緩和路線ですから、同じ道を歩んでいます。格差拡大、競争激化の国へと更に進むと思います。

      仰るように知識やスキルを身につけ、早い段階で独りででも生きていける準備が必要だと思います。

      コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お勧め情報商材

プライド
プライドを読んでアドセンス月収が15万円を超えました
pandora2・キーワード選定ツール
稼いでるライバルサイトのキーワードを丸裸!
AMCアフィリエイトスクール
初心者から月収30万円達成者続出