経済大国日本は先進国でも最悪の貧困率の高さを抱えている

日本の相対的貧困率は最悪

我々が住む日本は世界的に見ればかなり恵まれた国と言えます。世界三位の経済大国でもあり、治安が良く、インフラなどもかなり整備されています。海外旅行などに行って日本の良さを知って帰国する日本人は沢山います。

非常に恵まれた国だった日本ですが、アメリカのように格差がどんどん広がっています。すでにヨーロッパ諸国よりも遥かに格差が広がり、貧困の拡大は止まりません。

世界第3位の経済大国・日本。しかし、「一億総中流」と言われた時代は過ぎ去り、貧富の格差は拡大の一途をたどっています。厚生労働省がまとめた「国民生活基礎調査」(2014年7月)によると、日本の相対的貧困率(年収122万円以下で暮らす人の割合)は16.1%と過去最悪を更新。

これは、日本人のおよそ6人に1人が相対的な貧困層に分類されることを意味しています。OECD加盟国30か国のうち、日本の相対的貧困率はメキシコ、トルコ、アメリカに次いで4番目に高く、先進国の中でも最悪のレベルにあるといえます

日本の相対的貧困率は最悪

日本の将来はアメリカを見れば予想できる

日本は一億総中流と言われ、世界屈指の平等感がある国でした。多くの日本人が中流で、そこそこ豊かな生活が出来ていました。しかし、そんな日本は大きく変貌し、今では先進国の中では最悪レベルの格差が大きな国です。

アメリカは世界一位の経済大国ですが、我々の想像を絶する格差大国です。ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学を卒業し、マイクロソフトやバンクオブアメリカ、ゴールドマンサックスに入社します。

しかし、不景気と同時にリストラされてしまい、次の仕事が見つからず貧困やホームレスまで落ちてしまいます。1%の超富裕層と99%という構図が出来上がっています。

日本の相対的貧困率は最悪

また、私が貿易取引をしているフィリピンはアメリカよりもさらに厳しい格差社会、階級社会です。貧困層に生まれてしまうと、教育が受けれないので這い上がることは不可能です。そんなフィリピン人を沢山見ました。

日本以外の国の多くは大きな格差を抱えているのが当たり前です。日本やヨーロッパの一部の国のように、格差が小さな国の方が少ないのです。

ある意味、格差、階級があるのが普通の国と言えるかもしれません。とても残念ではありますが、日本は他国のように格差、階級が固定される国に変貌しています。貧困な両親のもとに生まれた子供は、やはり貧困層に陥っています。

教育レベルが高ければ格差の上位に食い込める

ただ、我々にはITスキルを学べる環境があります。アフィリエイトや情報販売、せどり、オークション、ネットショップの運営などを理解できる教育を受けています。

受けてきた教育を最大限に生かせるのは、自分で小さな小さな起業をすることです。起業と言うとハードルが高いように思えますが、ネットを使った起業はとても安価で、すぐにできます。

数万円の投資をするだけで、結構な金額の収益を上げることが出来るようになります。格差の下に生きるのではなく、格差の上で楽に生きるためには何が必要かを考えることが大事だと思います。

クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

“経済大国日本は先進国でも最悪の貧困率の高さを抱えている” への8件のフィードバック

  1. こんにちは。
    アメリカでも貧困格差が生まれているんですね。

    日本でも将来はそうなる可能性が
    高いので、今のうちから何かしら
    準備をしておかないとですね。

    応援完了です。

    • kotani より:

      じゅんじゅんさん

      アメリカの格差は筋金が入っています。
      1%の超富裕層が完全固定されていますので、
      中間層以下の収入はドンドン下がっています。

      アメリカ社会の動向を追いますと日本の将来が見えますので、
      かなり参考になると思います。

      コメントありがとうございました。

  2. angeliruka より:

    おはようございます

    初めて訪問します
    ランキングから目が留まり読ませていただきました

    また訪問します

  3. ちゅんしーまま より:

    はじめまして。
    ニューヨークに10年近く、いま北京に住んでいるので、グローバルという言葉にひかれて来ました。
    アメリカも中国もすごい格差社会です。その上、人種・民族問題が加わり・・・
    老後は日本に戻りたい私。
    こんな世の中に日本も進行中かと思うと悲しいです。
    現在の日本は、まだまだ教育レベルが高い(ふつう)人が多いので、
    どうにか持ちこたえて欲しいものです。

    • kotani より:

      ちゅんしーままさん

      コメントありがとうございます。

      アメリカと北京にお住まいでしたら、格差の恐ろしさは私よりも遥かに実感されていると思います。
      そして人種、宗教等が絡みますと、本当に大変だと思います。

      日本が今後どのように変化していくかですが、私はアメリカのように変わっていくと思います。
      ただ、変化のスピードと日本国民の意思ですよね。

      我々日本人が強い意志を持って選挙に向かい、選挙後も政治家はもちろん、対米従属の官僚をいかに監視し続けるかが課題だと思います。

  4. はっち より:

    はっちです。

    もう、すでに格差を感じてますぅ・・・(^◇^;)
    わーーん。

    応援していきます。

    • kotani より:

      はっちさん

      私もヒシヒシと格差を感じています。
      今後はさらに格差が広がり、子供同士の教育格差も広がります。

      しかし私達にはネットビジネスがあります。
      格差をきっかけにネットに深く参入し、チャンスを掴んで頑張りたいですね。

      コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お勧め情報商材

11step・イレブンステップ
11通のメールでどんなジャンルでも自動で売上を上げるノウハウ
pandora2・キーワード選定ツール
稼いでるライバルサイトのキーワードを丸裸!
AMCアフィリエイトスクール
初心者から月収30万円達成者続出