アメリカを見れば日本の正社員が減っていくのがわかる

グローバル化によるフラット化する

アメリカはあらゆる面でグローバル化が進み、新自由主義がしっかりと浸透しています。国自体が巨大企業によって運営されていると言っても過言ではありません。

こういったアメリカの現状は日本に少しずつ浸透しています。まずは、若干古い動画ですが、アメリカの実情を解説した動画をご覧ください。

前半の動画の内容では、アメリカの会社は人に対しての感覚が我々とは随分異なるように感じます。しかし、日本も同じような流れで動いています。下記の票をご覧ください。正社員が減り、パートや派遣が増えているのがわかります。

グローバル化により正社員が減る

動画の後半では正社員をしっかり教育し、働き甲斐を提供し、福利厚生を充実させることで業績を伸ばしていることを紹介しています。このような会社ばかりであればとても嬉しいのですが、残念ながら短期的な利益を望みリストラするばかりです。

多くの企業が社員を育てて、働き甲斐を提供しようとすることに重きを置いていません。短い期間の利益に重きを置いていますので、必要な時に必要な人間を効率よく配置しようとします。

私はリストラされた経験もありますし、中小企業の幹部にいたこともありますので、両方の考えややり方がある程度理解できます。大手企業は別にして、中小企業は目の前のいろんな出来事をこなすので精一杯です。

ですから、長期スパンで社員の事を考えて、継続的な教育も行い、満足な報酬を払い続けられる社長はあまりいません。大企業、中小企業ともに、中年以降はちょっとした景気のブレでリストラに遭います。

リストラに遭っても十分に生活でき、更に躍進するための準備がサラリーマンには必要でしょう。

クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

“アメリカを見れば日本の正社員が減っていくのがわかる” への2件のフィードバック

  1. ちょこぶ より:

    こんにちは!

    今私は正社員で働いていますが、もう40を過ぎているので、いつリストラにあうかわからないですよね。
    いつリストラされても大丈夫なようにそれなりの蓄えって必要ですよね。
    ますます副業をがんばらねばと思いました。

    ポチっと応援済みです。

    • kotani より:

      ちょこぶさん

      私はリーマンショックの時にリストラに遭いました。

      比較的景気が良くなりつつあると言う今の日本でも、リストラの話はしょっちゅう聞きます。

      是非今のうちから準備しておいてください。
      応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お勧め情報商材

11step・イレブンステップ
11通のメールでどんなジャンルでも自動で売上を上げるノウハウ
pandora2・キーワード選定ツール
稼いでるライバルサイトのキーワードを丸裸!
AMCアフィリエイトスクール
初心者から月収30万円達成者続出