過労死や過重労働を自分で回避できる判断と力

過重労働取り締まり

「過労死」の名称が入った初の対策法「過労死等防止対策推進法」(過労死防止法)の基本方針となる大綱を検討してきた厚生労働省所管の過労死等防止対策推進協議会は25日、2020年までに週60時間以上働く人の割合を5%以下にするなどの数値目標を入れた大綱の素案をまとめた。

都道府県の啓発活動、相談体制の整備などの防止対策も盛り込まれた。過労死を巡っては、国連の「社会権規約委員会」が長時間労働防止の措置を日本政府に勧告するなど世界的な注目を浴びており、過労死防止法の実効性が注目される。

過重労働

過重労働やパワハラによって多くの方が心を痛め、自殺まで追い込まれる現状があります。やっと社員として雇用された職場を失いたくない、強い責任感などいろんな事が原因で追い込まれてしまいます。

若い世代、中年世代に関わらず辛い思いをしている人がいるのを想像すると、本当に心が痛くなります。私の生活は決して裕福ではありませんが、ストレスフリーですし、全てを自分で決めることができます。

以前はそれなりのストレスを抱えて仕事をしていました。派遣社員の頃は人扱いされていない感触もありました。将来の展望が全く開けず、ただただ生活をするために日給で働いていました。

あまりにも無機質な仕事が続くと、自分までも無機質になり、何かを考えて行動しようと言う意思が低下します。どうすればお金を得ることが出来るのか。どうすればお客さんに良いサービスを提供できるのかと言う気持ちが無くなります。

終身雇用制が崩壊し、独立起業が当たり前になる

同じ会社に定年まで勤め上げると言う日本の終身雇用制は崩壊しました。企業の利益が減れば、いつでもリストラをされてしまい路頭に迷います。どんなに優秀な技術者であっても資本家には勝てないのです。

サラリーマンを続けることが悪い訳では決してありません。しかし、リストラ、過重労働、パワハラ、人間関係のもつれ、倒産など、いろんなリスクを背負っていることを忘れてはいけません。

いざとなれば、いつでも独立して、自分の判断で仕事を得ることが出来るようにする準備が必要です。今は数万円もあれば、ネットを使って独立起業することが出来ます。

サラリーマンなど安定した収入があるうちから、アフィリエイトやITビジネスで少しずつ収益を伸ばし、タイミングを見て起業することがかなり浸透しつつあります。

個人起業家が増えれば増えるほど、アフィリエイトやITで収益を上げている人はコンサルなどで収益を上げることが出来ます。いろんな可能性が広がる時代になりました。

まずは小さな収益(月額数万円~10万円)を上げることが出来る、プライドのノウハウがお勧めです。仕事が終わってから毎日コツコツブログを更新するだけで、数か月後には数万円~10万円の収益が生まれます。

プライドのノウハウで独立、副業の一歩目を踏んでみましょう。

クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

“過労死や過重労働を自分で回避できる判断と力” への1件のコメント

  1. 志茂京香 より:

    こんにちは、京香といいます。
    わたしも以前、ブラック企業というべき会社に
    いたので、今から考えると何してたんだろう・・・?
    と思います。^^;
    個人が自由に生きていける世の中になるといいなと
    いつも思っています。
    また来ますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お勧め情報商材

11step・イレブンステップ
11通のメールでどんなジャンルでも自動で売上を上げるノウハウ
pandora2・キーワード選定ツール
稼いでるライバルサイトのキーワードを丸裸!
AMCアフィリエイトスクール
初心者から月収30万円達成者続出