N0.1 数億円の債権回収をアセアンの企業から依頼される

債権回収

日本に住んでいると自虐的な報道によって、日本人の素晴らしさを感じにくくなります。私もその一人でしたが、アセアン企業(東南アジア企業)と接すると、日本人の優秀さと怠慢さの両方を実感します。

 

アセアン企業と日本企業との取引があったのですが、日本企業のミスによりアセアン企業に商品が行き渡りませんでした。アセアン企業は日本企業にすでに数億円を支払い済みでした。

 

日本企業は返済し続けていましたが、担当者が辞めたり、資金ショートに陥ってしまい、返済が滞るようになりました。滞納に対してアセアン企業が弁護士を雇い請求しました。

 

弁護士は自国では相当優秀な弁護士でしたが行ったことと言えば、メールで日本企業に請求するのが精一杯です。日本語が話せませんので、英語での請求ですが、メールのみでの請求では債務者に対する圧力は難しいでしょう。

 

債権回収

 

こういった状況が数か月間経過し、日本企業もメールのみの請求なので返信もせず放置の状態が続いていました。(こうした日本企業がかなり多いそうです。)アセアン企業の社長はどうしたものかと困っていたところに、私の友人から連絡が入ります。

 

私の友人は華僑との繋がりがあり、この企業の社長が困っていることを聞きつけ、私に債権回収が出来るか依頼がありました。

 

債権回収の額は億単位ですので、正直不安な面もありました。しかし、このまま放置したところでアセアン企業は回収できません。社長は母国の優秀な弁護士でも解決できないと思い込んでいるようでしたので、ダメもとで私が代理で債権を回収することになりました。

 

続く

クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お勧め情報商材

11step・イレブンステップ
11通のメールでどんなジャンルでも自動で売上を上げるノウハウ
pandora2・キーワード選定ツール
稼いでるライバルサイトのキーワードを丸裸!
AMCアフィリエイトスクール
初心者から月収30万円達成者続出