イチローから学ぶ変化に対応すると言う意識

変化への対応

イチローがヤンキースからマーリンズに移籍しました。アメリカの野球界では毎年いろんな選手がトレードされるのが当たり前なので、イチローもトレードされて当たり前かも知れません。

大リーグのオープン戦が始まり、早速イチローは活躍しつつあります。40歳で小柄な日本人が、世界最高峰の大リーグで今も一線で活躍することは、凄さを通り越しています。

大リーグの数々の記録を塗り替えたイチローは、今ではマーリンズの4番目の外野手であり、ライトが定位置だったのが、センター、レフトも守ると言う状況です。

大リーグでトップをひた走っていたイチローが、今では若い選手を陰で支え、守備位置も毎試合変化することを受け入れています。

自分の年齢、周りの環境の変化を上手く受け入れ、自分が出来る最高のパフォーマンスを発揮し続けるイチローは、最高のグローバリストだなと感ます。

イチロー・マーリンズ

変化を常に想定し受け入れる心と準備

日本は終身雇用が終わり、少子高齢化により市場は縮小し、グローバル化によって世界中の企業や人種が日本の市場を食いに来ます。

企業からすれば日本の市場だけではなく、世界中の市場を以前よりも更に狙いやすい環境が整いつつあります。このグローバル化と言う大きな変化は、サラリーマンにとってとても大きな変化です。

超一流のメーカーや企業であっても、企業の利益が減ったり、利益が減っていなくとも、市場が縮小すると判断すれば、すぐにリストラを行います。

全てのサラリーマンはリストラに遭う可能性があります。

全ての人が小さい大きいにかかわらず、何らかのビジネスを持たないと、貧困に陥ってしまう時代が十数年から到来しています。「何らかのビジネス」と言うと大げさに聞こえますが、ITに関わっている人であれば、それほど難しいことではありません。

言えることは、自分のビジネスを持たないと、数年後に再びやってくる不況と、毎年押し寄せてくるグローバル化による人件費の圧縮により、職を失う可能性があるということです。

職を失い、再び同じ給与を得ることが出来る職業につける人は、ほんの僅かな人だけです。多くの人は年収を30%以上減らし、次の職に就くのが現状です。

リストラをされる前に、出来るだけ早い段階で、自分のビジネスだけで食べれる力をつけ、時代の変化を受け入れることに慣れておく必要があります。

日本はアメリカや韓国のように格差が激しい、競争社会に変化しています。格差の上に位置するか、下に位置するかは、ビジネスを持つか持たないかに大きく左右されます。

アフィリエイト頑張りましょう。

 

クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お勧め情報商材

11step・イレブンステップ
11通のメールでどんなジャンルでも自動で売上を上げるノウハウ
pandora2・キーワード選定ツール
稼いでるライバルサイトのキーワードを丸裸!
AMCアフィリエイトスクール
初心者から月収30万円達成者続出